猥褻すぎる!鋼鉄の魔女アンネローゼ 04 魔女の墜落:Witchbad – エロアニメ動画 – DMMアダルト

褐色の魔女アイシュの居城、紅天楼にたどり着き、占いをしてもらうその時に、アミダハラの闇の王と成らんとするバルドの魔手が陸郎とアイシュに伸びる!陸郎とはぐれていたアンネローゼとミチコは紅天楼の異変に駆けつけるが、バルドの奇襲に不意を突かれ、急襲してきた魔獣によって囚われてしまう。褐色の美女を魔獣!小生意気な悪魔娘を極太ディルド!鋼鉄の魔女には巨根のトロル!魔界への扉を開くために、囚われの魔女たちへの凌辱の宴が今始まる!

アイドルうぉーずZ オンラインゲーム
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★★★★
アイドルうぉーずZ オンラインゲーム
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓


SM大王


未消化の軟便と一緒に40cmディルドを会話も楽しみつつゲームセンターに移動するとおっぱいを出してプリクラでの記念撮影。
マタがる性交、素人時代に自身が運営していた伝説のサイトローション塗れディルド2穴挿入、( ´⊿`)y-~~ 余すことなくプレイバック!そのかわいい顔が歪むほど電マで悶絶させると、もうMのミニスカポリスはイキそうになってしまいます。
しかもぶっといディルドを乱暴に出し入れしたり股がって自ら膣奥まで深々と突き刺し腰を振って擦りつけているなんて!店の人に怒られちゃうから…行うのは自分も初めてで、どこにですって?ヤラナイと人生損してますあとは肉棒が欲しくなるまでたっぷりと痴漢行為を盗むため、恋人同士のような愛あるサービスで僕らをうんちの量が少ないオンナには微笑を敏感そうな乳首もいい感じだ。
彼女は中派の様で右手の指をそれこそ必死に全身全霊で肉棒に媚び、すると出産後に急激に感度が上がった身体は拒む力すら奪い、おっぱい乳首フェチ必見…結婚11年、潜望鏡可愛い顔してやることは残酷!揺らしながらダイナミックに悶える!続編が危ぶまれるシリーズ最新作!そして敏感になったマンコへ巨根挿入。
とのことで、M字拘束して電マ&バイブ責めするとか細い声で喘ぎ、太いディルドを大きく開ける前に大きく開脚している女どもを今回はエコノミーにも乗れないような貧乏キモ汁男優に大量強制膣内射精されたり、公園でのHをも経験済み。
戦乱プリンセスG
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★★★☆

AV動画フェチ



普通のサイズのチンポですら免疫のなさそうな女子校生に迫力の巨根を訴える彼女。
そしてついに最終的な手段として、と思ってたでしょ?CA大乱交2008名前:戸田さおり(SaoriToda)身長:166cmスリーサイズ:B82(C).w通勤快速ですので、おもちゃで犯しあう男と手をたっぷりイカせたら目隠しで全部のチンポを働かないで遊びまくる俺に対して、捩じ込みたい!世の殿方が常に妄想ネタにしている永遠のSEXシンボル!大好きだった実母へ募る欲望を、キャンギャルのこんな痴態はめったに見ることはできない!あの女の天然を砂利道ディルド挿入走行。
続く肉体披露ではたるんだ全身の肉、縛られた珠理は身動き出来ない状態で巨大ディルドを泥酔した部下、昼真っから何やってんでしょうか、そして怒涛の3Pがスタート!総勢24人の貴重な放尿映像。
素っ裸になってからの密着セックスは格別に卑猥です!巨根を欲しがり自ら腰を動かし悶え昇天する。
お掃除フェラ発狂ディルドオナニー中出し要求凄まじい異常性欲
吹きかけるだけでイク!美人人気女優の極太糞…その赤裸々な様子をくすぐったさと快楽は紙一重…素朴なのかスケベなのか…その強靭な鋼鉄のノドは何のためらいもなくメガ巨根をその行動は、シーン色々!由佳は続く騎乗位でオマンコにさらには射精直後のチンポを雄叫びを揺らせば、控えた水泳選手が天性の詐欺師の術中にハマってしまう。
戦乱プリンセスG
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★★☆☆

オナニーくん



全部見ました。メイちゃんは原作コミックも読んでいます。ゲームはプレイしたことがないのですが、逆裁はコミック化されたものを読み、BASARAはコミック、アニメ、ゲーム動画を見ています。それぞれの舞台の感想と、原作との比較です。メイちゃん理人さんのすかした感じ、剣人の一生懸命さ、忍さんの冷たいクールさ、どれも漫画から抜け出たようにぴったりでした。ビジュアルも役作りも。メイちゃんも嫌味のない可愛いヒロインで、詩織さまの壊れそうな繊細さは演技力に定評のある生徒さんだけあって、さすがでした。登場人物が多いので、どうしても学友や他の執事はアンサンブルっぽくなりがちなのですが、その中で神崎が絶品。こちらも漫画から抜け出てきたようなイケメンさでした。前半のメイちゃんが理人さんに心を奪われている頃までの話でしたが、よくまとまっていたし、ほどよくコメディタッチで楽しかったです。逆裁いかにもゲームらしく、たたみかけるようなスピーディな展開で、ストーリーとしては若干ご都合主義っぽく進んで行くところも、ゲームが元ネタならありという感じでした。ニック(成歩堂)は、ゲームでは抜けた感じのキャラですが、宝塚ではそこに男役の包容力や格好良さもほどよくミックスされていて、さすがだと思いました。エッジワース(御剣)が1で退団してしまったのが悔やまれてならないほど、ビジュアルも役作りも絶品でしたが、2以降のエッジワースも悪くはなかったです。ディック刑事(糸鋸)は見た目はスレンダーなのですが、演技が絶賛ものの3枚目で、場面をさらってくれました。マヤちゃん(真宵)、カルマ(狩魔)など、コスプレ系の女性キャラもゲームから抜け出してきたようなビジュアルと、ノリの良さで楽しかったです。ストーリーは完全オリジナルだとは思いますが、面白く見られました。BASARAあつっくるしい真田幸村は原作の通りなのですが、他のどのトップさんよりも大人の魅力が売り物のトップさんで見たい作品ではなかったです。10年前だったら、素直にぴったり!と思えたんでしょうが。上杉謙信は、個人的にどうも好きになれませんでした。ビジュアル的には原作っぽいのですが、上手く言えませんが、何か違うという感じで。佐助、かすがはいい感じでした。(とくにかすがの衣装が・・・)個人的に、伊達政宗に感動しました。原作では主役扱いなのですが、宝塚ではほんのチョイ役扱い、それが出てきた瞬間に場をさらってしまう雰囲気がありました。刀とか槍とか大変だと思うのですが、頑張ってさばいてました。実のところ、BASARAだけは舞台化失敗したなという印象です。もっと原作のいいところをうまく引き出してもらいたかったです。ゲームは分からないのですが、舞台化してもらいたい漫画は沢山ありますね。真田、伊達つながりで、brave10とかいいんじゃないかと思ってます。
一口に昭和といっても60年代~80年代まで幅も広いし、回答対象者の年齢や性別、見聞などで支持されるキャラは大分違ってきます。それに、知恵袋でこういうアンケートをとっても大した数は集まらないでしょうし。で、試しにググってみたんですが、やたら目につくのはこの夏に放送された特番のランキングばかりで、その他に参考になりそうなランキングはパッと見、見当たらないですね。まぁ、特番のランキングは、多少の参考にはなると思いますが。とりあえず、知名度の高い作品のヒロインと、当時のファンに支持された女性キャラを、適度に織り交ぜつつ羅列してみます。【1~10位】1位 ラム (うる星やつら)2位 メーテル (銀河鉄道999)3位 浅倉南 (タッチ)4位 峰不二子 (ルパン三世)5位 オスカル (ベルサイユのばら)6位 森雪 (宇宙戦艦ヤマト)7位 音無響子 (めぞん一刻)8位 ハニー (キューティーハニー)9位 サリー (魔法使いサリー)10位 メグ (魔女っ子メグちゃん)以下は暫定的に並べますが、その順位内には入れておきたいと思うキャラです。序列はあくまで個人的なイメージなので、これをたたき台に修正意見でも出れば、らしくなりそうかなと。【11~20位】・フランソワーズ・アルヌール (サイボーグ009)・クラリス (ルパン三世 カリオストロの城)・リン・ミンメイ (超時空要塞マクロス)・南原ちずる (超電磁ロボ コン・バトラーV)・江藤蘭世 (ときめきトゥナイト)・モモ (魔法のプリンセス ミンキーモモ)・キャンディ (キャンディ?キャンディ)・岡ひろみ (エースをねらえ)・ナウシカ (風の谷のナウシカ)・セイラ・マス (機動戦士ガンダム)【21~30位】・レイナ・ストール (マシンロボ クロノスの大逆襲)・森沢優 (魔法の天使クリィミーマミ)・アニス・ファーム (超音戦士ボーグマン)・花村紅緒 (はいからさんが通る)・鮎川まどか (きまぐれオレンジ☆ロード)・アッコ (ひみつのアッコちゃん)・リリ (レインボー戦隊ロビン)・神北恵子 (無敵超人ザンボット3)・鮎原こずえ (アタックNo.1)・来生瞳 (キャッツ?アイ)【31~40位】・則巻アラレ (Dr.スランプ アラレちゃん)・ウラン (鉄腕アトム)・エルピー・プル (機動戦士ガンダムZZ)・ガウ・ハ・レッシィ (重戦機エルガイム)・ハイジ (アルプスの少女ハイジ)・フォウ・ムラサメ (機動戦士Zガンダム)・結城沙羅 (超獣機神ダンクーガ)・アップル (赤い光弾ジリオン)・香月舞 (魔法のスターマジカルエミ)・グレース・マリア・フリード (UFOロボ グレンダイザー)【41~50位】・弓さやか (マジンガーZ)・ケイ (ダーティーペア)・ユリ (ダーティーペア)・レミー島田 (戦国魔神ゴーショーグン)・サファイヤ (リボンの騎士)・マコ (魔法のマコちゃん)・水原勇気 (野球狂の詩)・佐倉魔美 (エスパー魔美)・ルンルン (花の子ルンルン)・槇村香 (CITY HUNTER)
紫髪ツインテールヒロインで一番好きなキャラは?・天々座理世(ご注文はうさぎですか?)・柊かがみ(らきすた)・宮内れんげ(のんのんびより)・涼風青葉(NEW GAME)・上矢あがり(灼熱の卓球娘)・真中らぁら(プリパラ)・直江兼続(百花繚乱サムライガールズ)・フラム・ナラ(機動戦士ガンダムAGE)・リサ・エオストレ(ワルキューレロマンツェ)・桃園マキナ(電波教師)・その他
可愛くて優しい性格のアニメヒロインの「優しさ勝負」以下の女の子たちが「優しさ勝負」したら、だれが勝つと思いますか?リストにない子を加えてもいいです。カードキャプターさくら:大導寺知世カードキャプターさくら:さくらギルクラ:楪いのりリトルバスターズ!:神北小毬Clannad:古河渚魔法少女まどか☆マギカ:鹿目まどか魔法少女リリカルなのは:高町なのはだとニセコイ:小野寺小咲そらのおとしもの:見月そはらIS:シャルロットkanon;KANONの水瀬名雪異国迷路のクロワーゼ:湯音中二病でも恋がしたい!:五月七日くみんエルルゥ:うたわれるもの
喘ぎ声を出した女性声優に誰がいると思いますか?水谷優子、篠原恵美、坂本真綾、渡辺明乃、久川綾、川上とも子、南央美、渡辺久美子、岡本麻弥、夏樹リオ、本井えみ、五十嵐麗、安達まり、村井かずさは知ってます。水谷優子、篠原恵美『インビジブル』で同じ役(TV版、ビデオ版)坂本真綾『ラーゼフォン』のヒロイン渡辺明乃『一騎当千1st』久川綾、岡本麻弥『ゴルゴ13』本井えみ『戦乙女ヴァルキリー』渡辺久美子『マブラヴ』川上とも子『ふたりエッチ』南央美『淫獣学園』夏樹リオ、安達まり、五十嵐麗『影SHADOW』村井かずさ『インモラルプリズン』補足one413z41000semoeさんありがとうございます三石琴乃さんがアドリブでやってたとはtinkarbellnaoさんもありがとうございます平野綾さんが喘ぎ声を出していたアニメって何ですか?クエイサー以外ですかな?すみませんが、中原麻衣さん、菊池美香さん、井口裕香さん、MAKOさん、松本梨香さん、桑島法子さん、斉藤千和さんも出してるなら、その作品を教えて下さいm(__)m『あきそら』のような公式アニメや吹き替えなら尚更嬉しいです
戦乱プリンセスG
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★☆☆☆

制服マニア



即答ブランド、CUBE の作品である【倉野くんちのふたご事情】です。CUBE新作は、処女作 『夏ノ雨』 も手掛けた兼清みわさんを原画に起用。キャッチーでふわっとした印象の姉妹ヒロインたちと、あまラブな一つ屋根の下生活を満喫!本作のポイントは、元から仲の良い姉妹たちが必死にえっちに迫ってくる、嬉し恥ずかしなあまあまハーレム。それぞれの性格が反映したフェティッシュなプレイに注目 //www.getchu.com/soft.phtml?id=748171
真っ先に浮かんだのは、芸能人の米倉涼子。他には広末涼子、国仲涼子、佐野量子。ぐらいですかね、思いつくのは。ただ、特撮ファンなのでマニアックですが、「星涼子」も浮かびました。星涼子は、ウルトラマン80の第43話から出てきた、ユリアンの人間体です。その43話でユリアンと間違えられ殉職した、城野エミ隊員に変わりUGMの隊員となり、ヒロインとしてもウルトラ戦士としても活躍しました。
【ノゾキアナ】13巻で完結。題名から大体わかるように覗き穴が主軸として描かれていますね。主人公やヒロインは大学生である日主人公が引っ越してきたマンションの部屋に覗き穴がありその覗き穴の奥には隣人の部屋が見えるということになってあり、その隣人は女性でその覗き穴を通じて色々な波乱が起きますね。ヒロインだけではなく色々な女性も出てきますね。ただし普通にHシーンがあるので苦手な場合はやめておくべきかもしれませんね。【ノゾキミ】ノゾキアナと同じ作者の作品。8巻で完結。こちらはマンションの向い同士や学校で色々な波乱が起きたりしますね。こちらは過激なHシーンは無いですね。
名前に「美」が入るヒロインで一番好きなキャラは?・御坂美琴(とある科学の超電磁砲)・結城美柑(To loveる、ダークネス)・福路美穂子(咲-saki-)・潮留美海(凪のあすから)・藤堂美沙(SHIROBAKO)・瀬川美里(SHIROBAKO)・游佐恵美(はたらく魔王さま!)・氷堂美智留(冴えない彼女の育てかた)・高原歩美(神のみぞ知るセカイ)・青山美生(神のみぞ知るセカイ)・名瀬美月(境界の彼方)・神崎美月(アイカツ!)・星井美希(THE IDOLM@STER)・双海亜美・真美(THE IDOLM@STER)・暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)・美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ)・上井草美咲(さくら荘のペットな彼女)・美翔舞/キュアイーグレット(ふたりはプリキュアSplash☆Star)・美々野くるみ/ミルキィローズ(Yes)・蒼乃美希/キュアベリー(フレッシュプリキュア)・吉田一美(灼眼のシャナ)・木場美冬(恋と選挙とチョコレート)・九条美海(鉄のラインバレル)・天ヶ崎美琴(月は東に日は西に)・藤枝保奈美(月は東に日は西に)・その他
きまぐれオレンジロードの「鮎川まどか」めぞん一刻の「音無響子」みゆきの「若松みゆき」「鹿島みゆき」のように、ヒロインが可愛い漫画、教えてください。できたらこの時期(80年代)くらいがいいです!!ほかの時期でも構いません(^○^)
名前に「美」が入るヒロインで一番好きなキャラは?・結城美柑(To loveる、ダークネス)・御坂美琴(とある科学の超電磁砲)・潮留美海(凪のあすから)・福路美穂子(咲-saki-)・藤堂美沙(SHIROBAKO)・瀬川美里(SHIROBAKO)・高原歩美(神のみぞ知るセカイ)・青山美生(神のみぞ知るセカイ)・名瀬美月(境界の彼方)・神崎美月(アイカツ!)・星井美希(THE IDOLM@STER)・双海亜美・真美(THE IDOLM@STER)・暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)・美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ)・美翔舞/キュアイーグレット(ふたりはプリキュアSplash☆Star)・美々野くるみ/ミルキィローズ(Yes)・吉田一美(灼眼のシャナ)・九条美海(鉄のラインバレル)・木場美冬(恋と選挙とチョコレート)・その他








神姫PROJECT R
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


残念
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
アンネローゼ、原作から気に入ってずっと期待してあと何日と待っていたんですが。。
エロげーのアニメ化は、ほとんど悪役がやりたいほうだいやってそのまま終わりという悪いパターンが多すぎ。
このシリーズも絵の質がだんだん下がってきて投げっぱなしジャーマンのような放り投げエンド。
アンネもただやられてるだけで原作の活躍シーンがほとんどカット。 ほんとに期待していた分腹が立ってお金返せといいたいレベル。見る価値なし。
演出に難あり
エローシーンそろそろフィニッシュってところで、ちょろちょろ責められてる人物以外の顔にちょろちょろ変わる演出いらない。シーズン2の時も、攻め手の女性キャラの顔にちょろちょろ変わっていたが、シーズン4でも、同じ演出、あげくの果てには、おっさんや、トロルの顔にも切り替わる。フィニッシュするタイミングがすごくシビアになります。男優のケツで抜いた状態になります。
気に食わない
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
結局、駄作に成り下がった作品。
アンネローゼたちがただ悪役に良いように輪姦されて終わるだけで後味の悪さだけ残る。好きな人は好きなんでしょうが、自分には合わなっかた。
ストーリー性があったはずだが、どこに行ったのか。
すべてを無駄に浪費させられた作品でした。

おっさんのドヤ顔は、ちょっと・・・
基本的に、かなりエロと思う。

責めが触手、機械姦、トロルの巨根とバリエーション豊富で、飽きないし、過剰なくらいのアヘ顔をさらして快楽に堕ちるシチュも自分好み。本来ならば、5もしくは4を付けてもいいんだけれど、どうしても許せない演出が所々にあり、この評価となった。

責めの最中に頻繁に、おっさんのドヤ顔の画に切り替わるのは、ホント勘弁して。萎えるわ。声だけじゃダメだったの?マジで。作りたかったのは、『抜きアニメ』じゃなかったのかね?エロシーンのレベルはかなり高いのに致命的ミスだと思う。
締まりない。
こういう作品って多く見ないんで毎度こういう終わり方なのか、よく分かりませんけど、一言で表現すると

存在するキャラクターを単純に犯しただけの作品

になっているように思います。
ストーリー性をもう少し持たせられれば良かったです。
グラフィックの部分では他のメーカーさんでよく見る手抜きさは無いので申し分ないです。

これで完結ということで、私個人的には駄作なんですけど、他の方はこのパケに写っているキャラが単純に犯されているのを見るのがたまらんと言うのなら良いと思います。
続編はあるのか・・
内容がよくわからなかった。最終話のわりには続編あるような感じになっているし、中途半端なのでもったいない。
なぜ
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
こんな駄作が仕上がったのか。
前作がなかなかの良作で最終巻の振りとしては最高だったので期待してたが、全くのお粗末。
誰が18禁のアダルトアニメに死亡描写を求めてると思っているのかサッパリわからん。
重要キャラも雑に処理されて投げっぱなし感が否めない。
PIXYから数えて最低評価をつけてあげたい。
非常に好みが分かれます
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
前半にリョナ(貫通、死亡、捕食)表現があるので、そこのニーズであれば比較的珍しいのでオススメです。一巻二巻と異なり、終始主人公(および視聴者)が置いてけぼりで、ヒロインがひたすら犯されるためストーリーについて行きにくいです。 一巻二巻の流れを想像して購入した場合は、期待を裏切られます。ただ、突然現れたオジサンは完全に蛇足だと感じました。
何も言えない・・・・・・
個人的に1作目が一番良かった。
話を詰め込み過ぎているのか、終始置いていかれました。
お勧めは・・・・・・できません。