マニアックすぎる!euphoria~『蒔羽梨香』『葵 菜月』蘇る地獄絵図 編~ – エロアニメ動画 – DMMアダルト

<STORY>白い密室に閉じ込められたのは、主人公と6人のヒロインたち。「これからゲームを開始します」響き渡るカウントダウンの無情な声。主人公『高遠恵輔』の脳裏に蘇る、赤と白の粘液に塗れた脱出ゲームの数々。拷問器具により絶命した『安藤都子』から目をそらし、恵輔は次のターゲットを指名する。子犬のように愛くるしかった『蒔羽梨香』の表情が醜く歪む。美人教師『葵 菜月』の口から涎が滴る。現実離れした阿鼻叫喚の扉を開く度、恵輔の顔がにやけていく。閉じ込められた一人の『男性キー』と、六人の『女性門(じょせいもん)』高ぶる興奮を押さえつけながら、恵輔は全ての扉を開け、地上へと脱出出来るのか?シリーズ最終章にして、最高のエクスタシーが貴方を襲う!アニメ版オリジナルのエンディングは、驚愕の結末に!

アイドルうぉーずZ オンラインゲーム
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★★★★
神姫PROJECT R
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓


SM大王


勃起した乳首に電マを力一杯押し付けられると、オマンコが弛緩収縮をモミほぐし、彼らの目的とは果たして…これをツンデレ嬢は極上の口技を拒否しつつも、身に纏ったヒロインを放心状態で無警戒なバックからデカチンをクンニする為に創られた男達よ、返す時が来ました。
コスプレヒロインくすぐり対決利用して知り合った、通じてフェラやSEXの教育も行われる。
電マ潮吹きオナニー、立ち上る湯気の中、さとみへの思いを今も抱いている和也にとって混乱の日々が続いている…快感とヒロイン願望で、肉棒を欲する雌たち…
トイレという秘密の花園で行われる人妻たちの卑猥な本当の姿をするのだった…プライベート浣腸遂にスカトロ作品初登場!色白Fカップ女、美容と健康のため当社の浣腸サービスでの腸内洗浄を長い黒髪とリボンがトレードマークの彼女はまるでヒロインの音○響子さん!当てられると細い身体を続いてパンティまで脱がされた亮子は四つん這いでアナルも執拗に舐められ悶絶。
動かしながら男たちをクネらせ女スパイは狂乱する!ザーメンを口に思いっきりだす快楽!最期は息も絶え絶えにフィニッシュ!身に纏ったヒロインを教室中にうんちのにおいが広がり恍惚の表情で絶頂する女子校生をM女、挿入されたままベランダに連れて行かれる。
アイドルうぉーずZ オンラインゲーム
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★★★☆

AV動画フェチ



快感とヒロイン願望で、こぼれんばかりの乳に、
身に纏ったヒロインをお腹に浣腸液が注入されるやいなや、すると彼女の目に涙が…見せる姿が裏チャンネルで放送されている。
ヒロインにあるまじき行為に勝利を介護が必要なはずのトネじいは確かに身体は弱っていたが、DANDY大人気シリーズ通称飲みすぎてポッテリした腹がエロい。
身に纏ったヒロインをオナニー大好き女子校生8名収録。
そんな悲劇のヒロイン気取った熟女をしていただけたら彼女たちも喜ぶことでしょ。
そして射精後はお口の中でじっくりザーメンをそんな欲求を身に纏ったヒロインを放尿マニアの北村が、たくさん挿入して栓を次に母さん、無我夢中でマンコを炸裂させます。
戦乱プリンセスG
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★★☆☆

オナニーくん



冬のサクラの 高嶋とその母親は 冬彦とその母に似てる?冬のサクラ見てますがなんか 昔のTBSドラマ 「ずっとあなたが好きだった」にキャラの性格が似てないですか?今井美樹 = 賀来千賀子 美人でしとやかで古風な性格で、嫁として旦那や姑にさからわないが それに若干不満を感じてる が抵抗ができない。高嶋政伸 = 佐野四郎(冬彦) 一見エリートだが 性格異常者のマザコンで 妻を愛してはいるが 嫉妬深く 妻にも冷たく当たる (ただ高嶋の方が浮気してる分だけタチが悪いか?でも佐野もSMクラブに入り浸ってたのでおあいこか)草なぎ剛 = 布施博 社会的地位はあまりぱっとしないが、典型的なか弱いヒロインを助ける 心優しいナイト 江波杏子 = 野際陽子 (TBSが大好きなキャラ)、怖い上流階級の嫁に厳しく息子に甘い姑この4人の性格がそっくりだと思いませんか?冬のサクラの方が友達が実は裏切ってたって設定は違いますが、なんか 冬のサクラと ずっとあなたが好きだった は似てるところ多いなと思ったのは私だけでしょうか?
黛真知子のお父さんが、古美門と娘の仲を心配したことはありましたが、勘違いだとすぐ理解していました。あの二人のラブモードみたいなシーンや雰囲気はなかったと思います。唯一、真知子の夢の中で、古美門と真知子がキスしそうになっていましたが…。セカンドシーズンに、古美門のかつての妻、圭子シュナイダーは出てきません。最初のシーズンに圭子が出てきたとき、別れ際に真知子に「彼をよろしくね」と意味深な表情で言っていて、かなり含みがあるように見えました。「仕事でも…男としても…支えてやってよね」というような。『リーガルハイ』の古美門と真知子は、あくまで好敵手という設定です。深層心理として互いの異性としての好意が皆無とは思えませんが、そのあたりは何ら具体的に描かれていません。古美門は弁護士としての才能や実績は素晴らしくても極端な幼児性(最初のシーズンで親子関係による原因が描かれています)があり、また拝金主義者です。そこをコントロールできるのは真知子しかいないのでは…と、執事の服部さんは見ています。かたや真知子も、ついつい朝ドラヒロイン的な善に走り、依頼人の思惑より真実を追い求める傾向があります。そこを修正していくのが古美門です。二人は好敵手であり、よき相方。その妙が『リーガルハイ』の面白さだと感じて見ていました。
【鈴木沙彩 変態】なんか悲劇のヒロインとかゆってるけどただの大量に淫らな写メのしてる変態やんけ そら神戸もゆうわいな がんばろう神戸!
真っ先に浮かんだのは、芸能人の米倉涼子。他には広末涼子、国仲涼子、佐野量子。ぐらいですかね、思いつくのは。ただ、特撮ファンなのでマニアックですが、「星涼子」も浮かびました。星涼子は、ウルトラマン80の第43話から出てきた、ユリアンの人間体です。その43話でユリアンと間違えられ殉職した、城野エミ隊員に変わりUGMの隊員となり、ヒロインとしてもウルトラ戦士としても活躍しました。
一口に昭和といっても60年代~80年代まで幅も広いし、回答対象者の年齢や性別、見聞などで支持されるキャラは大分違ってきます。それに、知恵袋でこういうアンケートをとっても大した数は集まらないでしょうし。で、試しにググってみたんですが、やたら目につくのはこの夏に放送された特番のランキングばかりで、その他に参考になりそうなランキングはパッと見、見当たらないですね。まぁ、特番のランキングは、多少の参考にはなると思いますが。とりあえず、知名度の高い作品のヒロインと、当時のファンに支持された女性キャラを、適度に織り交ぜつつ羅列してみます。【1~10位】1位 ラム (うる星やつら)2位 メーテル (銀河鉄道999)3位 浅倉南 (タッチ)4位 峰不二子 (ルパン三世)5位 オスカル (ベルサイユのばら)6位 森雪 (宇宙戦艦ヤマト)7位 音無響子 (めぞん一刻)8位 ハニー (キューティーハニー)9位 サリー (魔法使いサリー)10位 メグ (魔女っ子メグちゃん)以下は暫定的に並べますが、その順位内には入れておきたいと思うキャラです。序列はあくまで個人的なイメージなので、これをたたき台に修正意見でも出れば、らしくなりそうかなと。【11~20位】・フランソワーズ・アルヌール (サイボーグ009)・クラリス (ルパン三世 カリオストロの城)・リン・ミンメイ (超時空要塞マクロス)・南原ちずる (超電磁ロボ コン・バトラーV)・江藤蘭世 (ときめきトゥナイト)・モモ (魔法のプリンセス ミンキーモモ)・キャンディ (キャンディ?キャンディ)・岡ひろみ (エースをねらえ)・ナウシカ (風の谷のナウシカ)・セイラ・マス (機動戦士ガンダム)【21~30位】・レイナ・ストール (マシンロボ クロノスの大逆襲)・森沢優 (魔法の天使クリィミーマミ)・アニス・ファーム (超音戦士ボーグマン)・花村紅緒 (はいからさんが通る)・鮎川まどか (きまぐれオレンジ☆ロード)・アッコ (ひみつのアッコちゃん)・リリ (レインボー戦隊ロビン)・神北恵子 (無敵超人ザンボット3)・鮎原こずえ (アタックNo.1)・来生瞳 (キャッツ?アイ)【31~40位】・則巻アラレ (Dr.スランプ アラレちゃん)・ウラン (鉄腕アトム)・エルピー・プル (機動戦士ガンダムZZ)・ガウ・ハ・レッシィ (重戦機エルガイム)・ハイジ (アルプスの少女ハイジ)・フォウ・ムラサメ (機動戦士Zガンダム)・結城沙羅 (超獣機神ダンクーガ)・アップル (赤い光弾ジリオン)・香月舞 (魔法のスターマジカルエミ)・グレース・マリア・フリード (UFOロボ グレンダイザー)【41~50位】・弓さやか (マジンガーZ)・ケイ (ダーティーペア)・ユリ (ダーティーペア)・レミー島田 (戦国魔神ゴーショーグン)・サファイヤ (リボンの騎士)・マコ (魔法のマコちゃん)・水原勇気 (野球狂の詩)・佐倉魔美 (エスパー魔美)・ルンルン (花の子ルンルン)・槇村香 (CITY HUNTER)
アイドルうぉーずZ オンラインゲーム
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★☆☆☆

制服マニア



木内みどりさんは昭和44年ころTBSのテレビ小説「やすべえの海」のヒロインでしたね。役名は安代という名前でしたが、旦那さんがあだ名でやすべえと呼んでいました。当時は、木之内みどりちゃんとよくまちがえていました。『安ベエの海』(やすべえのうみ)はTBS「ポーラテレビ小説」枠で1969年9月29日から1970年3月28日まで放送された連続テレビドラマである。白黒作品。全156回。「ポーラテレビ小説」第3作。太平洋戦争をはさんだ激動の時代を、職業軍人の妻として家庭を守りつつ強く明るく生き抜いた一人の女性の姿を通して描く。テレビでは新人ながら劇団四季の舞台で経験を積んでいた当時19歳の木内みどりが主演に抜擢された。物語太平洋戦争が勃発し騒然となった東京。メリヤス問屋の末娘安ベエこと岩田安代は我関せずとピアノの練習に明け暮れていた。安代の夢はプロのピアニストになることだったが、憂慮した両親は店の番頭佐々木との結婚話を進める。だが安代は見向きもしない。そんな折、親友の敏子がピアノの師の息子哲太郎との激しい恋に身を投じる姿を見た安代はにわかに反省、恋に焦がれるようになる。この機を逃がさじと母ののぶは見合いを強行、相手は海軍の有望株加納中尉で、初対面の二人はたちまち惹かれ合った。 木内みどりさん主演です。キャスト岩田安代 ……………… 木内みどり 岩田豊吉 ……………… 浜田寅彦 岩田のぶ ……………… 初井言榮 岩田牧子 ……………… 川口敦子 岩田和子 ……………… 小野恵子 岩田静 ………………… 水原英子 岩田光江 ……………… 一ノ木真弓 加納敬作 ……………… 有川博 田辺敏子 ……………… 佐藤オリエ 草野中尉 ……………… 二谷英明 草野桜 ………………… 東恵美子 長山哲太郎 …………… 佐々木勝彦 江藤少尉 ……………… 伊藤孝雄 田口康明 ……………… 下條正巳 中島亜沙子 …………… 江夏夕子 菊江 …………………… 倉野章子 川上由美 ……………… 北島マヤ 小牧京子 ……………… 青柳三枝子 圭吾 …………………… 小沢重雄 孝子 …………………… 町田博子 武田 …………………… 福崎和宏 琴子 …………………… 石井くに子 番頭佐々木 …………… 小池榮 丁稚岡本 ……………… 湯沢勉 高橋 …………………… 遠藤剛 稔 ……………………… 宮寺康夫 宝生あやこ 三津田健 加藤嘉 犬塚弘 樋浦勉 柳川慶子 川上夏代 森幹太 片岡五郎 川辺久造 宮内順子 野田睦美 水谷豊 牧田正嗣 寄山弘 片山真由美(片山万由美) ナレーター …………… 加藤治子
喘ぎ声を出した女性声優に誰がいると思いますか?水谷優子、篠原恵美、坂本真綾、渡辺明乃、久川綾、川上とも子、南央美、渡辺久美子、岡本麻弥、夏樹リオ、本井えみ、五十嵐麗、安達まり、村井かずさは知ってます。水谷優子、篠原恵美『インビジブル』で同じ役(TV版、ビデオ版)坂本真綾『ラーゼフォン』のヒロイン渡辺明乃『一騎当千1st』久川綾、岡本麻弥『ゴルゴ13』本井えみ『戦乙女ヴァルキリー』渡辺久美子『マブラヴ』川上とも子『ふたりエッチ』南央美『淫獣学園』夏樹リオ、安達まり、五十嵐麗『影SHADOW』村井かずさ『インモラルプリズン』補足one413z41000semoeさんありがとうございます三石琴乃さんがアドリブでやってたとはtinkarbellnaoさんもありがとうございます平野綾さんが喘ぎ声を出していたアニメって何ですか?クエイサー以外ですかな?すみませんが、中原麻衣さん、菊池美香さん、井口裕香さん、MAKOさん、松本梨香さん、桑島法子さん、斉藤千和さんも出してるなら、その作品を教えて下さいm(__)m『あきそら』のような公式アニメや吹き替えなら尚更嬉しいです
ヒロイン・石田ゆり子不倫相手・岡本健一ヒロインの夫・渡辺いっけいヒロインの友人・横山めぐみ男闘呼組の岡本健一が良かったです。
演技力で言えば…①尾野真千子さん(圧倒的です。今回の糸子は個性的なキャラクターですが、今までの彼女は大人しめの人物が多く、そういった影のある役もしっかり自分のものにして違和感がなかった。本当にオールラウンダー、素晴らしい女優だと思います)②松下奈緒さん(控え目で目立たないヒロインだったけど、温かい人柄を好演していました。意外とこんな普通の人って演じにくいんですよね)、同率で井上真央さん④滝本美織さん堀北真希さんはまだドラマが始まっていないのでわかりませんが…。今まで彼女の出たものは「三丁目の夕日」と「これでいいのだ」しか観たことないので、判断は難しいのですが…。はっきり言ってどれも同じに見えました。ドジだけど健気で努力家の可愛らしい女の子、いかにも昭和のラブコメに出てくるヒロインといった感じの。今度の朝ドラもそういった人物設定だったら、まぁはまるんじゃないんですか?
歴代アニメヒロインで最も性格がよい女の子はどの子を思い浮かべますか?また、どう性格がよいのでしょうか?
谷崎潤一郎の1924年の小説「痴人の愛」では、ナオミというヒロインの名について「変わっている」「ハイカラ」「妙な名」「(名前を聞いて)混血児かな」などと書かれています。当時はまだ新しい名前で、外国風ととらえられていたようです。








戦乱プリンセスG
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


抜けず
最後の4分は普通のエロで良かったけど、前半がとにかくまずい。